ZMP、企業や研究機関向けに実験用超小型EVのレンタル開始

RoboCar MV2 2017
ZMPは、1人乗り電気自動車(EV)ベースの自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar MV2」の企業および研究機関向けレンタルを1月29日より開始した。

RoboCar MV2はトヨタ車体「コムス」をベースとした実験用の超小型EV。ZMPオリジナル制御コントローラや自動操舵システム、自動ブレーキシステムを搭載し、コンピュータによりステアリングやアクセル、ブレーキを制御できる。

ダッシュボードには、車速やステアリング角度、各種センサの状態などを可視化する13インチタブレットのほか、コンピュータ制御状態(プログラムモード)と手動運転状態(マニュアルモード)を識別できるインジケータを装備。また開発用PCやセンサ類など、精密機器を格納できるデリバリーボックスを標準で備える。また、車速やブレーキ、ハンドル操作などを制御できるソフトウェアライブラリが用意されているため、ユーザーは障害物回避や自動運転、遠隔操縦などのアプリケーションの研究開発をスムーズに行うことができる。

レンタル費用(税別)は1か月100万円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス