フォーミュラE、コクピットを保護する「halo」を装着…第2世代レーサー

フォーミュラEの2018/2019年シーズン向け第2世代レーシングカー
世界最高峰のEVレース、「フォーミュラE」は1月30日、2018/2019年シーズン向けの第2世代のレーシングカーを発表した。

第2世代のレーシングカーでは、これまでのフォーミュラEで得られたノウハウを生かして開発。EVパワートレーンに関しては、バッテリーの蓄電容量をほぼ2倍に引き上げ。これにより、現行マシンに対して、2倍の航続を実現するという。

また、FIA(国際自動車連盟)の新しい安全基準を導入し、コクピットを保護する「halo」デバイスを装着。エアロダイナミクス性能も追求されており、車体のリアには大型ディフューザー、フロントタイヤにはカバーが装着される。

なお、フォーミュラEはこの2018/2019年シーズン向け第2世代のレーシングカーを3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー2018においてワールドプレミアする予定。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス