ブリヂストン、新たな調達ポリシーを策定…持続可能な調達を推進

グローバルサステナブル調達ポリシー(英語版)
ブリヂストンは2月6日、持続可能な調達の推進を目的に、新たな「グローバルサステナブル調達ポリシー」を策定したと発表した。

グローバルサステナブル調達ポリシーは、ブリヂストングループが2050年を見据えた環境長期目標として掲げる「100%サステナブルマテリアル化」の達成に貢献するものとして策定。同ポリシーでは調達ガイドライン類を一つにまとめ、取引先に対して、同社グループと取引する際の必須事項と、持続可能なサプライチェーンの早期実現のために実施を望む事項を定めているほか、複雑な天然ゴムサプライチェーンにおける様々な課題についてのブリヂストンの考えも記載している。

同ポリシー内では、特に「透明性」「コンプライアンス」「QCD(品質、コスト、供給)&イノベーション」「持続可能な調達活動」の4項目に焦点をあて、「透明性」では調達に関わるトレーサビリティーの向上と優れたガバナンス体制の構築を、「コンプライアンス」では同社グループが事業を展開する国および地域で適用されるすべての法律と規制を遵守すべきことを定めている。また「QCD&イノベーション」では高品質の製品とサービスをタイムリーかつ適切な価格で供給するとともに、国際社会の発展に寄与する革新的なテクノロジーを追求すべきことを、「持続可能な調達活動」では環境に対する責任を果たす調達活動のほか、環境関連法令の遵守、人権の尊重、適正な土地利用、健康と安全の確保、災害予防やレジリエンス(変化に対処する能力)に関するベストプラクティス等を組み込むべきことを定めている。

ブリヂストンでは、同ポリシーを策定することで、適正な調達先選定要件を明確にし、ベストプラクティスを促進し、また、関連業界にとってのコミュニケーションや改善のツールとしても活用。長期的に環境、社会、経済をよりよくするための調達活動に取り組んでいく。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス