BMW 3シリーズ も電動化が加速、次期型にはマイルドハイブリッド&EV

BMW 3シリーズ スクープ写真
コードネーム「G20」と呼ばれる、BMWの主力セダン『3シリーズ』次世代型プロトタイプが、寒冷気候テストのため豪雪のスカンジナビアに現れた。カモフラージュは厳重だが、フロントバンパーのエアダクト、ルーフラインは『5シリーズ』に酷似している印象だ。

さらにヘッドライト形状やLEDデイタイムランニングライトのグラフィックも、5シリーズに近いデザインと思われる。次世代型プラットフォーム「CLAR」を採用することにより100kg程度の軽量化を図りつつ、ホイールベースを延長し居住空間が向上すると予想されている。

パワートレインは、電動化が一気に加速する。エントリーモデルには、1.5リットル直列3気筒ターボ・ガソリン、及びディーゼルエンジンや、2リットル直列4気筒エンジンとモーターを組み合わせた48VマイルドハイブリッドとEVがラインアップされる。EVは90kWhの大容量バッテリーを搭載し、航続距離は500kmが予想されている。

48Vマイルドハイブリッドは、メルセデスベンツ『Cクラス』でも近々搭載の噂があり、このハイブリッド戦争の行方も気になる所だ。ワールドプレミアは、2018年後半。EVの登場は2019年になるだろう。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス