ネクステージ、初のVW正規販売店を大阪にオープン 輸入車ディーラー事業を強化

フォルクスワーゲン大阪城東
中古車販売大手のネクステージは、子会社のNEWを通じ、グループ初となるフォルクスワーゲン正規ディーラー「フォルクスワーゲン大阪城東」を3月10日にオープンすると発表した。

ネクステージは全国に47拠点・70店舗の中古車販売店を展開する一方、2016年1月「ボルボ・カー香里園」をオープンさせるとともに正規ディーラー運営事業をスタート。同年7月にはクインオートと共同で「マセラティ仙台」を開設。その後、2017年1月に「ボルボ・カ―堺」「ボルボ・カー富山」を、9月に「ジャガー・ランドローバー天白」をオープンさせ、現在は4ブランド5店舗の正規ディーラーを運営している。

フォルクスワーゲン大阪城東は、大阪府内最大級の規模を持ち、フォルクスワーゲンとしては府内では16年ぶりの新規オープン店舗。大阪市東部を南北に縦断する内環状線(国道479号線)諏訪2丁目交差点角に位置し、アクセスの良い立地となっている。

新店舗は、フォルクスワーゲンが全世界で展開しているコーポレートデザイン「モジュラーコンセプト」に基づいて設計され、重要なデザイン要素であるホワイトフレームが建物全体を大きく囲い、フォルクスワーゲン店としての存在感を主張。建物の1階と2階には白を基調としたショールームを配置し、常時8台の展示が可能。3階には最大25台が展示できる認定中古車コーナーを併設している。

ネクステージでは、グループ5ブランド目となるフォルクスワーゲン正規販売店をオープンさせることで、輸入車ディーラー事業の強化を図る。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス