三菱 エクリプスクロス、米国第一号車が上陸…3月販売開始

三菱 エクリプスクロスの米国向け第一号車が上陸
三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは2月22日、新型SUVの『エクリプスクロス』の米国向け第一号車が上陸した、と発表した。

新型コンパクトSUVのエクリプスクロスは、三菱のグローバルSUVとして開発された。日本をはじめ、欧州や米国、オーストラリアなど、世界およそ80か国に順次投入される。

米国仕様のパワートレインは、ダウンサイズの1.5リットルの直噴ターボが標準。最大出力は152hp/3500rpm、最大トルクは25.4kgm/2000rpmを引き出す。三菱によると、トルクは従来の2.0リットルや2.4リットルエンジンよりも大きいという。

また、ドライバーにリアルタイムの車両情報を表示する最新のフルカラーヘッドアップディスプレイ(HUD)を採用。HUDには、速度、クルーズコントロールの設定、前方衝突軽減警告、車線逸脱警告、パドルシフトのギア位置などの運転情報や重要な安全メッセージをドライバーに提供する。

なお、エクリプスクロスの米国でのベース価格は、2万3295ドル。3月、米国市場で発売される予定。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス