ダイムラーがAIでユーザー動向を予測、イスラエル新興企業に出資…MWC 2018

ANAGOG社のプレスカンファレンス(MWC2018)
ダイムラーは2月26日、スペインで開幕した世界最大規模の携帯通信関連見本市、「MWC(モバイル・ワールド・コングレス2018)」において、イスラエルのスタートアップ企業、ANAGOG社に出資すると発表した。

ANAGOG社は2010年、イスラエルに設立。現在、テルアビブに本拠を置く。携帯電話のさまざまなセンサーを利用して、ユーザーの行動を直接分析するソフトウェアを開発。人工知能(AI)に基づいて、将来のユーザーの動向を予測している。

ダイムラーとANAGOG社は2017年9月、「EQレディアプリ」をドイツ市場に導入。このアプリは、ユーザーがEVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車に乗り換えることを支援する。このスマートフォン向けアプリは、ユーザーのドライブ行程を記録。これを電動車で走行した場合と、比較できる。

メルセデスベンツ乗用車部門のSabine Scheunert副社長は、「顧客にとってだけでなく、すべての携帯電話のユーザーに、最高のデジタルサービスを提供したいと考えている。ANAGOGへの出資は、この目標達成に一歩近づくもの」と述べている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス