ベントレーの「エキサイティングな新型車」はこれだ!コンチネンタルGTC の完熟ボディを激写

ベントレー コンチネンタルGTC 新型スクープ写真
ベントレーはジュネーブモーターショーで「エキサイティングなニューモデルを公開する」と発表しているが、その正体はどうやらオープンモデルの新型『コンチネンタルGTC』のようだ。レスポンスの兄弟サイト『Spyder7』編集部が、最終プロトタイプの姿をスクープした。

エクステリアは、ファブリック・ルーフである以外、ベースモデルである4シータークーペ『コンチネンタルGT』のデザインを踏襲している。ハイライトは、その心臓部となりそうだ。『ベンテイガ』から流用される、最高出力635ps、最大トルク900Nmを発揮する6リットルW12型ツインターボ「TSI」エンジンの他、最高出力542ps、最大トルク770NmのV型8気筒モデルをラインアップする。

中でも最大の注目は、最高出力450ps以上を発揮する、2.9リットルV型6気筒と電動モーターの「Eハイブリッド」搭載モデルだ。これはポルシェに搭載されているユニットと基本は同じものとなる。

プラットフォームには、ポルシェと共同開発された「MSB」と呼ばれる新しいプラットフォームを採用、約100kg以上もの軽量化を図る。クーペと異なる快適装備として、シートバックに内蔵した超小型セラミックヒーターにより首周りを温めてくれる「エアスカーフ」、空気の流れを上方に跳ね上げるエアキャップを持ち、オープンドライブ対策も万全だ。

室内ではクーペと同様、エンジンスタートボタンと連動する、ベントレー史上最大の12.3インチ高解像度MMIタッチスクリーン「ベントレーローテーションディスプレイ」を装備する。

V型8気筒モデル、及びハイブリッドは9月以降に登場するはずだ。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス