日系自動車メーカーの海外生産、4.0%増の1974万1299台 2017年

日産の米国スマーナ工場(参考画像)
日本自動車工業会は2月28日、日系自動車メーカーの2017年第4四半期(9~12月)および2017年累計(1~12月)の海外生産台数を発表した。

2017年第4四半期の海外生産台数は、前年同期比1.6%増の502万7830台となった。

地域別で最も生産台数の多いアジアは同4.8%増の287万7750台。北米は同4.5%減の113万8715台だった。そのほかでは、中南米が同1.6%減の46万3464台、欧州は同5.4%増の49万7450台、アフリカは同12.2%増の5万0451台、大洋州は豪州でトヨタ自動車が現地生産を終了したため0台となった。

2017年累計は同4.0%増の1974万1299台となった。地域別では、アジアが同7.7%増の1087万0421台。北米は同4.5%減の476万7063台だった。そのほかでは、中南米が同2.3%増の190万3466台、欧州は同10.4%増の194万0778台、アフリカは同4.1%増の19万8629台、大洋州は同32.5%減の6万0942台だった。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス