SHOEI NEOTEC II発売へ、定番システムヘルメットが大幅進化

SHOEI NEOTEC II
SHOEIは、フルフェイスヘルメットの安心感とオープンフェイスの手軽さを兼ね備えたシステムヘルメットの新製品「NEOTEC II」を5月より発売する。

新製品は、発売以来、世界中のライダーに支持されてきたインナーサンバイザー付きシステムヘルメット「NEOTEC」の進化版。フェイスカバーの先端部分を従来モデルより後方とし、シールド上端のシェル側へ折れ曲がったような形状とあいまって、スッキリとコンパクトなデザインに仕上がっている。また、あらゆるライディングポジションに応じてエアロダイナミックスを追求。アップライトなライディングポジションではトップエアアウトレットが、前傾となるライディングポジションでは帽体と一体のリアスポイラーがエアロデバイスとして機能する。

フェイスカバーは、グローブのままでも操作しやすいロックレバーをNEOTECから継承。新製品では全開位置で保持するロックを2段階とし、脱着時に適した保持力を持つ従来の1段目のロックポジションからフェイスカバーを後方に押し込むことで、さらに強固な保持力を持つ2段めのロックが掛かる。シールドはNEOTEC II専用設計のCNS-3シールドを装備。シールド上端部のシェル側へ折れ曲がった形状と、気密性が高く耐久性に優れたエアタイトシーリングにより、シールドとウィンドウビーディング(窓ゴム)の隙間からの風や水の浸入を防ぐ。

ベンチレーション性能は、風洞実験により数値上と体感の両面から通気性能を研究し、大幅に進化。内装では汗をかきやすい頬や額部分には吸水速乾性の高い生地を、ヘルメット被り口部分には柔らかい起毛生地をハイブリッドで使用することでソフトな被り心地と快適性を実現している。さらに専用コミュニケーションシステム「SRL」の取り付け機構を備えた設計とし、仲間と話す、電話する、音楽を聴く、ラジオを聴くなど、より便利にライディングを楽しむことができる。

カラーはルミナスホワイト、ブラック、マットブラック、ライトシルバー、アンスラサイトメタリック、マットディープグレー、ワインレッド、マットブルーメタリックの全8色。S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)の5サイズで価格(税別)は6万3000円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス