ITソリューション会社「トヨタシステムズ」設立へ、情報子会社3社を統合

(イメージ)
トヨタ自動車は、情報子会社のトヨタコミュニケーションシステム(TCS)、トヨタデジタルクルーズ(TDC)、トヨタケーラム(TCI)の3社を2019年1月1日付で統合、新会社「トヨタシステムズ」を設立すると発表した。

3社は、TCSが基幹システムの開発、TDCがネットワークおよびインフラの導入と運用、TCIが設計・製造支援システムの開発と情報領域の中でそれぞれの専門分野をもち、トヨタおよびグループ各社に対してサービスを提供してきた。

自動車業界が直面する「100年に一度」の大変革期において、ITが果たす役割はますます大きくなっている。トヨタ自動車は、子会社3社を統合することで、各社が磨き上げてきた専門スキルを結集。トータルITソリューションを高い生産性で提供し続けることで、グローバルトヨタ、およびトヨタグループ全体の強化を目指す。

新会社はTCSを存続会社として、TDCとTCIを吸収合併。名古屋市および東京都内(二本社制)に本社を置く。従業員は3社の現社員合計を上回る約2500人となる見込み。資本金および代表者については検討中としている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス