ベントレー初のPHV、SUVの ベンテイガ に設定 …ジュネーブモーターショー2018で公開へ

ベントレー・ベンテイガ・ハイブリッド
ベントレーは3月5日、『ベンテイガ・ハイブリッド』の概要を明らかにした。実車は3月6日(日本時間3月6日夕方)、スイスで開幕するジュネーブモーターショー2018で初公開される。

同車は、2015年秋に発表されたベントレーのSUV、『ベンテイガ』に追加されるプラグインハイブリッド車(PHV)。ベントレー初の市販PHVとなる。

PHVパワートレーンは、エンジンが新開発の3.0リットルV型6気筒ガソリンターボ。「Eモーター」と呼ばれるモーターは、ジェネレーターとしても機能する。

走行モードは、「EVドライブ」、「ハイブリッドモード」、「ホールドモード」の3種類。EVドライブでは、最大50kmのゼロエミッション走行を可能にする。

充電は、家庭用ソケットで7時間30分。急速チャージャーを利用すれば、2時間30分で完了する。ベンテイガ・ハイブリッドは2018年後半から、世界の一部市場において販売を開始する、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス