ボルボ V60 新型に2種類のPHV設定…ジュネーブモーターショー2018

ボルボV60新型(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty I,ages
ボルボカーズは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、新型『V60』を発表した。

新型V60は2世代目モデル。ボルボカーズの新世代プラットフォーム「SPA」(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)を、新型「90」シリーズや新型『XC60』に続いて採用している。

発売当初のパワートレインは、欧州ではガソリンとディーゼル。新世代パワートレインの「ドライブE」を搭載する。出力の違いによって、ガソリンは「T5」と「T6」、ディーゼルは「D3」と「D4」を設定した。

新型V60には、プラグインハイブリッド車(PHV)も用意。ボルボカーズは新型『XC90』を皮切りに、新型『S90』、新型『V90』、新型『XC60』に、新世代PHVパワートレーンを搭載した「T8」グレードを設定。新型V60では、このT8に加えて、PHVの新グレード「T6」もラインナップ。PHVグレードを2タイプ揃えた。

ボルボカーズは最新PHVパワートレインを「ツインエンジン」と命名。2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、ターボとスーパーチャージャーでダブル過給。このエンジンが前輪を駆動し、モーターが後輪を駆動する4WDとなる。

PHVシステムは、エンジンとモーターを合わせたトータルで、T8の場合、最大出力390hpを引き出す。T8の下に位置するT6では、エンジンとモーターを合わせたトータル出力が、最大出力340hp。T8よりも50hp低く抑えられている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス