ホンダCB1000R 新型を日本市場導入、MT-10 など追撃へ

ホンダCB1000R
ホンダは大型ネイキッドスポーツ、新型『CB1000R』を4月2日に発売する。

CB1000Rは扱いやすいスポーツネイキッドとして2007年デビュー。欧州を中心に10年以上に渡り、多くの支持を集めてきたが、日本市場への導入は見送られてきた。そのCB1000Rが昨年のミラノショーで新型モデルをお披露目。スタイリングや走りを刷新し、いよいよ国内へ投入、先行するヤマハ『MT-10』やカワサキ『Z1000』などを追撃する。

パワーユニットは、『CBR1000RR』が採用する998cc直4エンジンを専用チューニング。最高出力は先代比20psアップの145psを発生する。またスロットル操作に対してリニアに反応するスロットル・バイ・ワイヤシステムを装備するほか、排気系の最適化、ギアのローレシオ化を図り、上質な走りを実現している。

フレームは、高張力鋼のモノバックボーンを採用し、併せて新構造のアルミピボットプレートとすることで軽量化を実現。足回りには路面追従性に優れるショーワ製倒立フロントフォークに、リアにはアルミ製の片持ちスイングアームのプロアーム、分離加圧式のリアサスペンションを採用する。

スタイリングは「ネオ・スポーツ・カフェ」をデザインテーマにし、ストリートファイターイメージの先代から一新。丸目1灯のLEDヘッドライトやボリューム感あふれるタンクなど、大人の趣味にふさわしい、高品位な機能部品で構成された外観を実現した。

カラーリングはキャンディークロモスフィアレッドとグラファイトブラックの2色を設定。価格は163万6200円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス