BMWグループの純利益26%増、8年連続の増益 2017年通期決算

BMW(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty Images
BMWグループは3月8日、2017年通期(1~12月)の決算を発表した。

同社の発表によると、MINIやロールスロイスを含めたグループ全体の総売上高は、過去最高の986億7800万ユーロ(約12兆9115億円)。前年の941億6300万ユーロに対して、4.8%増えた。

また、2017年通期の純利益は、87億0600万ユーロ(約1兆1390億円)。前年の69億1000万ユーロに対して、26%増と大きく伸びて、8年連続で最高益を更新している。

好決算の大きな要因が、好調な新車販売。2017年の世界新車販売は、BMW、MINI、ロールスロイスの3ブランド合計で、3年連続で200万台超えとなる246万3526台と過去最高。前年比は4.1%増だった。

BMWグループ取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「8年連続で最高益を更新した。2016年以降、今後数年間で持続的に事業を成長させるために、数多くの戦略的決定を下してきた」と語っている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス