ヤマハ MT-07 ABS のスタイリングが進化、足回りも強化

ヤマハ MT-07 ABS
ヤマハ発動機は、大型ロードスポーツ『MT-07 ABS』をマイナーチェンジし、4月10日より発売する。

MT-07 ABSは270度クランク採用の水冷直列2気筒688ccエンジンを搭載し、独創的なスタイルと軽快な走りで多くの支持を集めている。今回のマイナーチェンジは、「よりMTシリーズらしい進化」をコンセプトに開発。MTシリーズのDNAをキープしながら走行性能にさらに磨きをかけ、よりMTシリーズらしいスタイリングへ進化した。

前後サスペンションはバネ定数と減衰力のバランス調整を図り、ライダーの操作に対して、よりリニアに反応するようにしたほか、ライディングポジションの自由度を高め、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートを採用。またスタイリングは、吸排気の流れや“塊感”を強調し、より力強さを感じさせるデザインとした。

カラーリングは、ブルー、マットグレー、マットダークグレーの3色を設定。価格は77万7600円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス