BMW 7シリーズ がSクラスに追いついた? 新型はフルデジタル・パネル採用へ

BMW 7シリーズ 改良新型スクープ写真
BMWのフラッグシップ・4ドアセダン、『7シリーズ』改良新型の生産型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。以前キャッチしたミュールと異なり、生産型パーツを身にまとっている。

初めて撮影に成功した室内には、完全にデジタル化されたインストルメント・クラスタが見て取れる。これで、既に導入しているライバルのメルセデス『Sクラス』に機能面で追いつくことになる。

エクステリアで目を引くのは、これまでより大型化されたキドニーグリルだ。同ブランドの旗艦SUV『X7』開発車両でも似たグリルが見られることから、トップモデルとしてデザインを共有している可能性がある。またヘッドライト、及びテールライト、前後バンパーも刷新されており、室内外とも大掛かりな改良が施されると予想される。

今回捉えたプロトタイプには、フロントバンパーに大口エアダクト、サイドシル、ブルーのブレーキキャリパー、クワッドエキゾーストパイプなど、「Mエアロダイナミックパッケージ」を装着していることから、高性能『M760i』と思われる。

「M760i」改良新型に搭載されるパワートレインは、8速ステップトロニック・スポーツトランスミッションと組み合わされる、6.6リットルV型12気筒エンジンで、最高出力は、620psへアップデートされると予想される。自動運転技術は、アウディ『A8』と並ぶ「レベル3」が期待されている。

ワールドプレミアは、早ければ2018年秋だが、遅れれば2019年3月となりそうだ。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス