イタルデザインのスーパーカー「ゼロウーノ」にオープン登場…ジュネーブモーターショー2018

イタルデザイン・ゼロウーノ Duerta
イタルデザインは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、『ゼロウーノ・ドゥエルタ』を発表した。「ドゥエルタ」はイタルデザインの本拠地、イタリア・ピエモンテ地方の方言で「オープン」という意味だ。

「ゼロウーノ」は2017年にクーペ版を発表。新たに立ち上げられた「イタルデザイン・アウトモービリ・スペチアーレ」ブランドの第一号車。新ブランドは、世界のコレクターに向けて、市販車を非常に少量のみ生産するのが特徴で、ゼロウーノの生産台数もわずか5台。

ジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされたゼロウーノ・ドゥエルタは、ゼロウーノのタルガトップ版。脱着式のカーボンファイバー製ハードトップが用意される。クーペ同様、ボディはすべてカーボンファイバー製だ。

ミッドシップには、5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを積む。これは、イタルデザインと同じくフォルクスワーゲングループに属するランボルギーニの、『ウラカン』用のパワートレインだ。最高速320km/h以上の性能を発揮する。

ゼロウーノ・クーペ同様、世界限定5台を生産する計画。2018年内に生産するとしている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス