プジョー 508 新型に発売記念車、自動駐車やナイトビジョン標準…ジュネーブモーターショー2018

新型プジョー 508 ファーストエディション(ジュネーブモーターショー2018)
プジョーはジュネーブモーターショー2018において、新型『508』の「ファーストエディション」を初公開した。

2世代目となる新型508の特徴は、4ドアクーペデザイン。低く滑らかなルーフラインを備えたエモーショナルな4ドアクーペに生まれ変わった。フロントマスクには、プジョーの最新デザイン言語を導入される。

この新型508のファーストエディションは、発売を記念する限定モデル。新型508シリーズの最上級車に位置付けられ、マッサージ機能が付くアルカンターラ&ナッパレザーのシートなど、装備を充実させた。

フロントグリルは、グロスブラック仕上げとなり、19インチのアルミホイールも専用デザイン。ガソリンエンジンは、最大出力225hp仕様となり、8速ATの「EAT8」を組み合わせる。

また、先進運転支援システム(ADAS)も充実。自動駐車や360度カメラ、ナイトビジョンが標準装備。ワイヤレスのスマートフォン充電パッドなど、コネクティビティも追求している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス