メルセデスAMG GT クーペ に最新コネクト、スマホ連携強化…ジュネーブモーターショー2018

メルセデス AMG GT クーペ (ジュネーブモーターショー2018)
メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018で初公開したメルセデスAMG『GTクーペ』に、最新のコネクティビティを採用すると発表した。

メルセデスAMG GTクーペは、メルセデスAMG『GT』の派生車種として登場した新型車。2ドアのメルセデスAMG GTに対して、メルセデスAMG GTクーペは4ドアのスポーツカーとなる。

このAMG GTクーペに、最新のコネクティビティを採用。「COMAND Online」に標準の「リモートオンライン」は、スマートフォン経由でさまざまな便利機能が利用できる。

たとえば、スマートフォンで駐車中の車両の状況を確認したり、ヒーターのコントロール、車両のロック/アンロック、走行距離や燃料残量などをチェックできる。緊急時に通報を行い、ロードサービスを呼べる「eCall」も付帯する。

「ENERGIZING」と呼ばれるコンフォートコントロールも装備可能。このシステムは、空調システム、シート、マッサージ機能、ステアリングヒーター、車両の照明などの異なる機能をネットワーク化。専用のプログラムにより、ドライバーや乗員をリラックスさせたり、リフレッシュさせたりすることができる、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス