マツダ 6ワゴン 改良新型は最新の先進運転支援で安全性向上…ジュネーブモーターショー2018

マツダ 6 ワゴン 改良新型(ジュネーブモーターショー2018)
マツダは、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018で発表した改良新型『6ワゴン』(日本名:『アテンザワゴン』に相当)に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

現行『アテンザ』は2012年に登場。ジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされたのは、現行アテンザのデビュー以来、3度目の改良が施されたモデルになる。

改良新型マツダ6ワゴンには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載。幅広い安全テクノロジーの「i-ACTIVSENCE」が、ドライバーが負傷するリスクを低減する。「360度ビューモニター」を新設定。4つのカメラが捉えた車両周辺の映像を、ダッシュボード中央のモニターに表示する。

「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」もアップデート。これは、ミリ波レーダーにフォワードセンシングカメラを組み合わせたシステム。作動可能な最低速度を、30km/hから0km/hに引き下げ。これにより、前走車が停止した場合でも、追従して発進し、一定の車間を維持しながら走行できるようになった。

「インテリジェント・スピード・アシスタンス」は、交通標識を認識してスピードリミッターを作動させるシステム。ドライバーの制限速度表示の見落としに対応する。「アダプティブLEDヘッドライト」も性能を向上。ハイビームは現行比で、80m遠くまで照らせるようになった、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス