ホンダ NC750X、グリップヒーター&ETC車載器の設定モデル拡大へ

ホンダ NC750X デュアルクラッチトランスミッションEパッケージ(キャンディークロモスフィアレッド)
ホンダは、大型クロスオーバーモデル『NC750X』の仕様装備を充実させ、4月20日より販売を開始する。

NC750Xは、力強いトルク特性で燃費性能に優れた直列2気筒750ccエンジンを搭載し、大容量のラゲッジスペースや、ホンダ独自の二輪車用「デュアル クラッチ トランスミッション(DCT)」をタイプ設定するなど、好評を得ている。

今回の一部変更では、これまで「NC750X DCT<ABS>」のみに設定されていた、グリップヒーターとETC車載器を標準装備した「Eパッケージ」タイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプの「NC750X<ABS>」にも設定し、利便性を向上させた。

また「NC750X<ABS>Eパッケージ」と「NC750X DCT<ABS>Eパッケージ」に、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールオフが選択できるホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。後輪スリップ時の燃料噴射量を制御し、トルクを最適化することで、後輪駆動力を抑制し、ライダーがイメージする走行をサポートする。

シート高は、全タイプ800mmに設定。カラーリングは、キャンディークロモスフィアレッドとマットガンパウダーブラックメタリックの2色を新たに追加し、従来のパールグレアホワイトと合わせた全3色のバリエーションとした。

価格はNC750Xが74万3040円、NC750X<ABS>Eパッケージが88万0200円、NC750X DCT<ABS>Eパッケージが94万6080円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス