無人運転で迎えに来る電動SUV、日産 IMx KURO…ジュネーブモーターショー2018

日産 IMx KURO(ジュネーブモーターショー2018)
日産自動車の欧州法人、欧州日産はスイスで開幕したジュネーブモーターショー2018で初公開した『IMx KURO』に、車が社会インフラの一部となる「ニッサン インテリジェント インテグレーション」を導入すると発表した。

同車は、日産が東京モーターショー2017でワールドプレミアした電動SUVコンセプトカー、『IMx』の進化版。「黒」をテーマに、ブラック仕上げのトリムとホイール、ダークグレーのボディカラーを採用。グリルもよりソリッドなデザインに変更した。

このIMx KUROには、車が社会インフラの一部となる「ニッサン インテリジェント インテグレーション」を導入。IMx KUROはこれまで以上に、社会インフラとしての価値を持つ車に位置付けられる。

例えば、自動運転で空港に向かい、到着後は無人運転で駐車場を探して駐車。オーナーが空港に戻る日時に合わせて無人運転で迎えに来る、というような車の使い方を可能にするという。

また、駐車している間はIMx KUROの大容量バッテリーを活用。従来のVehicle to Home(V2H)やVehicle to Building(V2B)だけでなく、Virtual Power Plant(VPP:仮想発電所)の一端を担い、スマートなエネルギーマネジメントに貢献。このような新しい車の使い方は、「シームレス オートノマス モビリティ(SAM)」などのコネクテッドカー技術の進歩や、バッテリーの大容量化によって可能になった、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス