ドゥカティの営業利益は横ばい、新車販売は過去最高 2017年通期決算

ドゥカティのクラウディオ・ドメニカーリCEO
イタリアの二輪メーカーで、アウディ傘下のドゥカティは、2017年通期(1~12月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は7億3600万ユーロ(約957億円)。前年の7億3100万ユーロに対して、0.7%増加した。一方、2017年通期の営業利益は、5100万ユーロ(約66億円)。前年の5100万ユーロに対して、横ばいとなっている。

2017年の世界新車販売台数は、過去最高の5万5871台。前年比は0.8%増と、8年連続で前年実績を上回った。市場別の実績では、欧州が3万1123台を売り上げ、前年比は4%増。このうち、地元イタリアは12%増の8806台と、2桁増を達成する。スペインも28.3%増と好調。単一国としては最大市場の米国は、前年比1.3%増の8898台と堅調。アジアは2017年、5805台を販売。とくに中国が、前年比31%増の伸びを示した。

車種別の2017年の販売実績では、3年目となる『スクランブラー』ブランドが、1万4061台。ドゥカティの販売増に貢献している。『ムルティストラーダ』シリーズでは、「ムルティストラーダ950」が人気。最高峰の『1299スーパーレッジェーラ』は、限定500台が生産開始を前に完売した。

ドゥカティのクラウディオ・ドメニカーリCEOは、「力強い業績は、ここ数年のドゥカティの新車開発戦略の正しさを示すもの」と述べている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス