ホンダ、超低騒音型ハンディ発電機を発売 コンプレッサーも起動可能

ホンダ ハンディータイプ発電機 EU18i
ホンダは、家庭用電源同等の高品質な電気が供給できる超低騒音型の正弦波インバーター搭載ハンディータイプ発電機「EU18i」(定格出力1.8kVA)を4月6日より発売する。

EU18iは、専用設計の軽量・コンパクトな新型エンジン「GXR120T」(121cc)に加え、オルタネーター、インバーターを合わせてコンパクトに搭載することで、従来の1.6kVAクラスと同等レベルのボディサイズながら、発電出力1.8kVAを実現。新型エンジンは、ミスト化したオイルを通すブリーザー室内の通路を最適化すると同時に、新設計のピストンやピストンリングを採用することで、「欧州排気エミッション規制(EU Stage V)」および「米国EPA PhaseIII」の排気エミッション規制をクリアしている。

新製品は、ホンダ独自の正弦波インバーター技術による高品質の電力供給やエコスロットル搭載による低燃費と超低騒音の実現に加え、121ccの排気量を活かし、コンプレッサーや電動グラインダーなど、より高い起動電力を必要とする機器への対応を可能としている。また、リコイル操作によるボディの損傷を防止する鋼板製の「リコイルロープガード」を採用することで、プロユースの使用環境にも対応。さらに、エンジンスイッチには「燃料オフ」ポジションを設定することで、キャブレター内に残る燃料を運転しながら減少させ燃料劣化の軽減を図るなど、使い勝手の向上を追求している。

価格は22万4640円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス