GWの鈴鹿サーキット、働くクルマ&スーパーカーが大集合

働くクルマ大集合!!ヤンマー  YT5113
鈴鹿サーキットは、ゴールデンウイークの恒例イベント「スーパーカーフェスティバル」(4月29~30日)、「働くクルマ大集合!!」(5月3~6日)を開催する。

「スーパーカーフェスティバル」では、フェラーリ『F40』、ランボルギーニ『ディアブロ』、『カウンタック』、AC『コブラ』など、過去最多となる40台以上のスーパーカーを展示。また、特設コースを同乗走行できる「スーパーカーエクスペリエンス」や、車両価格や名車のストーリー、大迫力のエンジンパフォーマンスを披露する「なるほどスーパーカー&スーパーカーサウンドタイム」を実施する。

10回目を迎える「働くクルマ大集合!!」では、建設機械や自衛隊・消防車両など、過去最多となる70台以上の「働くクルマ」が集合。さらに鈴鹿初登場となるヤンマー『YT』トラクターや、日本キャタピラー『CAT320』油圧ショベル ネクストジェネレーション」の出展が決定した。

YTトラクターは、斬新なデザインと最先端テクノロジーの融合したヤンマーの最新モデル。デザインは世界的な工業デザイナーである奥山清行氏が手がけている。また、CAT 320油圧ショベル ネクストジェネレーションは、積載物の重さを量るペイロード機能や、作業可能範囲外に出ると自動でマシンが停止するE-フェンスなど、先進テクノロジーを搭載する。

また、恒例の乗車体験では、パトカーや油圧ショベルなど、様々な働くクルマに乗車(一部小学生のみ)可能。今年は豊富なカラーリングが施されたデザイントラックなど、「はこぶ車」をテーマにしたさまざまな車両が登場する。なりきり体験では、子ども専用のなりきり衣装を無料レンタル。消防士や警察官・自衛隊など、子どもが働くクルマのスタッフになりきることができる。

さらに、働くクルマとそのスタッフによる本番さながらの実演パフォーマンスを披露。一部の車両では、子どもが働くクルマとともに楽しめる特別イベントを体験できる。

なお、両イベントとも入園料のみで楽しめる。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス