三菱 エクリプスクロス 米国発売---コネクト充実

三菱 エクリプス クロス(写真は北米仕様)
三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは、新型SUVの『エクリプスクロス』の米国市場での販売を開始した。現地ベース価格は、2万3295ドル(約244万円)。

米国仕様のパワートレインは、ダウンサイズの1.5リットルの直噴ガソリンターボ。最大出力は152hp/3500rpm、最大トルクは25.4kgm/2000rpmを引き出す。三菱によると、トルクは従来の2.0リットルや2.4リットルエンジンよりも大きいという。

また、米国仕様車では、コネクティビティが充実。新開発のコネクテッドカーサービス「ミツビシ・コネクト・セーフガード&リモートサービス」を採用。万一のトラブルが起きた際、車内のボタン操作でコールセンターに繋がり、緊急サポートセンターやロードサイドアシスタントのサポートが利用できる。

さらに、「セーフガードサービスパッケージ」には、自動衝突通知、SOS緊急支援、情報アシスタンス、ロードサイドアシスタンス、盗難車両アシスタンス、アラーム通知などが含まれる。「リモートサービスパッケージ」では、アプリから車内の温度設定などのリモート操作が可能。リモートドアロック/アンロック、リモートホーン、リモートライトなども含まれる。

マイ・ミツビシ・コネクト・アプリは、AndroidとAppleの両方に対応。一度ダウンロードして登録すれば、ユーザーはモバイルデバイスから、セーフガードサービスパッケージとリモートサービスパッケージの両方にアクセスできる。

なお、エクリプスクロスの米国でのベース価格は、2万3295ドル。全米のおよそ360のディーラーネットワークを通じて、販売される。


(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス