VW ゴルフ、恒例のカスタマイズは職業訓練生が…デジタル化を重視へ

フォルクスワーゲン・ゴルフと職業訓練生
フォルクスワーゲンは5月上旬、オーストリアで開催される「GTIミーティング・アット・ヴェルターゼー」において、『ゴルフ』のワンオフモデルを初公開すると発表した。

GTIミーティング・アット・ヴェルターゼーは、今年で37回目。欧州最大規模のフォルクスワーゲングループのファン感謝イベント。フォルクスワーゲングループから、フォルクスワーゲン、アウディ、セアト、シュコダなどの各ブランドが参加。オーストリアの会場には、欧州から多くのファンが集まり、盛り上がりを見せる。

ここ数年、フォルクスワーゲンはGTIミーティング・アット・ヴェルターゼーに向けて、ワンオフモデルを製作。今年もフォルクスワーゲンで働く職業訓練生(インターン)が、最新の『ゴルフ』をベースに、カスタマイズを手がける予定。

インターンは、男性17名、女性12名の合計29名で、すでにプロジェクトに着手。今年は、インターン自らプログラムしたアプリ制御システムやモバイルインターネット接続など、車両内のデジタル化やネットワーク化が重視される、としている。


(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス