どれもが目玉、MVアグスタの限定車攻勢…東京モーターサイクルショー2018

MVアグスタF3 800 RC(東京モーターサイクルショー2018)
MVアグスタの東京モーターサイクルショー2018での“目玉”はなんですか、と説明担当者に尋ねたところ、「全部」、という答えが返ってきた。というのも、MVアグスタユーザーは限定仕様や特別仕様のファンが多いのだそうだ。

MVアグスタは3気筒スポーツモデル「ブルターレ800」シリーズのフラッグシップモデルである『ブルターレ800RR』をはじめ、FIMスーパーバイク世界選手権で活動する「レパルトコルセ」カラーの世界限定3モデル『ブルターレ800RC』『ドラッグスターRC』『F3 800RC』などを展示した。このうちF3 800RCは、カラーだけではなく、レパルトコルセ直系のレプリカ。

ブースデザインはSHINICHIRO ARAKAWA氏が手がけた。ARAKAWA氏がカラーリングデザインを施した『トゥーリスモ・ヴェローチェ800ベレッツァ・アッソルータ』も参考出品されている。「目に見えない音楽の美しさのようなカラーデザイン。色や素材の細部なこだわったカスタムパーツ。モーツァルトの音楽が聞こえてきそうな車両です」(ARAKAWA氏)。

さらにMVアグスタのアパレルを展示販売、テクノイルジャポンとコラボしてMOTULの最新商品なども展示している。


(レスポンス 高木啓)

[提供元:レスポンス]レスポンス