グッドイヤー、86/BRZレースに今年も参戦 2018年モータースポーツ活動計画

86/BRZレース参戦車両のデザイン
日本グッドイヤーは3月23日、2018年のモータースポーツ活動計画を発表した。

グッドイヤーレーシングは、ワンメイクレース「トヨタGAZOOレーシング 86/BRZレース」へ2017年に引き続き今年も参戦する。昨年の86/BRZレースで2度の優勝を果たし、好成績を収めた平中克幸選手を引き続きドライバーに起用。タイヤについては、2018年シーズンは「イーグルRSスポーツ V-スペック」を供給する。また、今後の86/BRZレース用のタイヤ開発を、欧州の製品開発拠点「在ルクセンブルグ グッドイヤー・イノベーション・センター(GIC)」で行うことを決定。ル・マン24時間耐久レースなど、多くの実績を残している経験豊富な開発チームが86/BRZレース用タイヤを開発、2019年度からの投入を予定している。

また、「ネッツカップ ヴィッツレース」にも引き続き、ワンメイクタイヤサプライヤーとしてタイヤの供給。使用タイヤは「イーグルRSスポーツ S-スペック 195/55R15 84V」の統一サイズとなる。「D1グランプリ」にも引き続きオフィシャルスポンサーとして協賛し、グッドイヤータイヤを装着する4名のドライバーをサポート。同じく市販用スポーツラジアル、イーグルRSスポーツ S-スペックを供給する。

そして、モータースポーツ活動や各種イベントを華やかに彩る「グッドイヤーエンジェル」3名が決定。2017年より継続の荒井つかささんに加え、安倍有里子さんと吉川ゆのさんが新たなグッドイヤーエンジェルとなり、3月31日・4月1日に大阪・舞洲で行われるD1グランプリ開幕戦でデビューする。


(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス