メルセデス Cクーペ と カブリオレ 改良新型、部分自動運転も…ニューヨークモーターショー2018で発表予定

メルセデスベンツCクラス・カブリオレ改良新型
メルセデスベンツは3月28日、米国で開幕するニューヨークモーターショー2018で初公開する改良新型『Cクラス クーペ』『Cクラス カブリオレ』に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

改良新型モデルでは、特定の状況下において、部分自動運転を可能にする。これは、「アクティブ・ディスタンス・アシスト・ディストロニック」と呼ばれる先進運転支援システム。高速走行からの渋滞時にアクティブ・ディスタンス・アシスト・ディストロニックを起動させると、前走車との最適な距離をキープしながら、自動で走行する。自動再発進機能も備える。これは、停止後30秒以内であれば、ドライバーがアクセルを踏まなくても自動的に発進できる。

また、「アクティブ・ステアリング・アシスト」は、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも、周囲の車両やガードレールなどを検知。ステアリングアシストを行うもの。

さらに、改良新型モデルでは、先進運転支援システムの作動に、地図データやナビゲーションデータを利用。たとえば、車両が交差点やロータリーに近づいたとき、速度をあらかじめ自動的に調整することができる。


(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス