メルセデスベンツ Cクラスクーペ 最強の C63 改良新型…ニューヨークモーターショー2018で発表予定

メルセデスAMG C63Sクーペ改良新型のティザーイメージ
メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは3月28日に米国で開幕するニューヨークモーターショー2018において、メルセデスAMG『C63クーペ』の改良新型モデルを初公開すると発表した。

現行メルセデスAMG C63クーペは2015年秋、フランクフルトモーターショー2015で発表。『Cクラスクーペ』の最強グレードで、パワートレインは4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。このエンジンは、スポーツカーのメルセデス『AMG GT』用と基本的に共通。トランスミッションは、7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトMCT7。

2グレード用意される中で、上に位置するのがメルセデスAMG「C63Sクーペ」。この「S」バージョンでは、最大出力が510hp/5500-6250rpm、最大トルクが71.4kgm/1750-4500rpmに高められた。0~100km/h加速は3.9秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と、世界屈指の性能を備える。

メルセデスAMGはニューヨークモーターショー2018において、改良新型メルセデスAMG C63クーペを初公開する予定。ベース車両のCクラスクーペが改良を受けたため、内外装を中心に変更を施す見込み。なお、メルセデスAMGは、改良新型モデルのティザーイメージを配信している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス