スバル フォレスター 新型が登場…ニューヨークモーターショー2018

スバル・フォレスター新型(米国仕様)
SUBARU(スバル)は28日(日本時間29日早朝)、新型『フォレスター』をニューヨークモーターショーで発表した。第5世代となる新型は、スバルが最量販車種と位置付けるグローバル戦略車だ。

スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用、ドライバーの運転を見守る。ドライバーの居眠りや脇見を検知する機能に加え、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を、登録したドライバーごとに自動調整する。

基本設計ではSUBARU GLOBAL PLATFORMを採用した。エンジンは2.5リットル水平対向4気筒エンジン直噴を搭載、米国仕様で182hp/5800rpm、176lb-ft/4400rpm。従来の2.5リットルエンジンに対し、約90%の部品を刷新し、直噴化した。

トランスミッションは「リニアトロニック」フル電子制御自動無段変速(CVT)で、マニュアルモードは7速となった。ドライブトレインは「シンメトリカルAWD」だ。

米国市場では2018年秋に販売開始予定となっている。

(レスポンス 高木啓)

[提供元:レスポンス]レスポンス