レンジローバー ヴェラール、2018ワールドカーデザインオブザイヤー受賞

2018ワールドカーデザインオブザイヤーを受賞したレンジローバー・ヴェラール(ニューヨークモーターショー2018)
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月28日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2018において、「2018ワールドカーデザインオブザイヤー」をランドローバー『レンジローバー・ヴェラール』に授与すると発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の賞のひとつ。今回は、2016年秋から2017年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。

条件は、2018年春まで、世界の少なくとも1市場で販売されていること。世界24か国、82名のジャーナリストに7名のデザインの権威が加わり、審査が行われた。

最終選考に残っていたのは、レクサス『LC500』、ランドローバー・レンジローバー・ヴェラール、新型ボルボ『XC60』の3台。この中から、ランドローバー・レンジローバー・ヴェラールが栄冠を手にしている。

なお前回の2017年は、ジャガー『F-PACE』が、ワールドカーデザインオブザイヤーを受賞している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス