日産 アルティマ 新型はスマートウォッチと連動、最新コネクト…ニューヨークモーターショー2018

日産 アルティマ 新型(ニューヨークモーターショー2018)
日産自動車の米国法人、北米日産は、米国で開幕したニューヨークモーターショー2018で初公開した新型『アルティマ』に、最新のコネクティビティを採用すると発表した。

アルティマは、日産の米国市場における主力ミドルセダン。2017年は25万4996台を販売し、SUVの『ローグ』(日本名:『エクストレイル』)に次ぐ販売実績。また、アルティマは日本市場には、『ティアナ』として導入されている。ニューヨークモーターショー2018で初公開された新型アルティマは、6世代目モデルとなる。

この新型アルティマに採用されるのが、最新のコネクティビティ。アップルの「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」に対応した「日産コネクト」を、全グレードに標準装備した。

日産コネクトは、8インチのマルチタッチカラーディスプレイで操作。ブルートゥース対応のハンズフリーフォンシステムとオーディオストリーミング、ハンズフリーテキストメッセージアシスタントを搭載するほか、音声認識機能の「Siri Eyes Free」や「グーグルアシスタント」にも対応する。

また、日産コネクトサービス専用のスマートフォンアプリを使えば、「アップル ウォッチ」や「アンドロイド ウェア」などのスマートウォッチと連動。遠隔操作でのエンジン始動や停止、ドアロックとロック解除、バレットアラートのオン/オフなどが可能。アマゾンの「Alexa Skill」にも対応している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス