シトロエン C4ピカソ、特別内装仕様第2弾 テーマは「アクティブ」

シトロエン C4ピカソ ワイルドブルー
プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンのCセグメントMPV『C4ピカソ』に特別仕様車「ワイルドブルー」を設定し、4月2日より120台限定で販売を開始した。

ワイルドブルーは、昨年10月発売の「デューンベージュ」に続く第2弾となる特別内装仕様で、テーマは「アクティブ」だ。シートカラーは大西洋やアマゾンの大自然をイメージした深いブルーグリーンを採用。シートカラーに合わせたアクセントカラーをインナードアハンドルにも添え、フランスらしいインテリアコーディネートとしている。

ベースモデルは、最高出力150psのハイパワーと18.0km/リットル(JC08モード)の低燃費を両立した2.0リットルターボディーゼルの7シーター。パノラミックガラスルーフとハンズフリー電動テールゲートの快適装備に加え、フロントアクティブランバーサポート、ダッシュボードまわりのクローム加飾、ステップガード、フロアマット、さらに2~3列目シートを畳んだ際にフロアをフラットにできるリジッドボードといった車中泊にもうれしい装備が追加されている。

ボディカラーは、ブランバンキーズ、サーブル、ラズーリブルーの3色を設定。価格はベース車両比3万円高の395万円。


(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス