ジャガー・ランドローバー、ウェイモ向け自動運転EV発表…ニューヨークモーターショー2018

ジャガー I-PACE のウェイモ向け自動運転開発車両(ニューヨークモーターショー2018)
ジャガー・ランドローバーは、米国で開催中のニューヨークモーターショー2018において、グーグル(Google)の自動運転車開発部門、ウェイモに納入するジャガー『I-PACE』の自動運転開発車両を発表した。

ジャガー・ランドローバーとウェイモは、長期的な戦略的パートナーシップを締結。今後両社は共同で、ウェイモのドライバーレス配車サービス向けに、世界初のプレミアム自動運転EVを開発していく。

2018年後半には、ウェイモの自動運転技術を搭載したI-PACEのテスト走行が開始される予定。このオンロードテストと実環境のテストによって収集されたデータを活用して、ウェイモとジャガー・ランドローバーのエンジニアは、技術の向上、安全性と信頼性の実現を目指す。最初の2年間で最大2万台のI-PACEを製造し、ウェイモのドライバーレスサービスの車両として、1日100万回の配車サービス運用を想定している。

ジャガーI-PACEは、クロスオーバーデザインのEV。パワートレーンは、モーターを前後アクスルに搭載し、4輪を駆動。2個のモーターは合計で400psのパワーと、71kgmのトルクを引き出す。パワフルなモーターのおかげで、I-PACEは0~100km/h加速4.8秒のパフォーマンスを発揮する。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は90kWhと大容量。1回の充電での航続は、最大480km。DC100kWの急速チャージャーを使えば、バッテリーの80%の容量をおよそ40分で充電可能。100km走行分であれば、およそ15分で充電できる。(((

自動車業界で働く女性は少ない! その仕事を選んだきっかけ、やっていてよかったと思…
)))

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス