アキュラ米国販売が5.2%増、乗用車が22%増と回復 2018年第1四半期

アキュラRLX
ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは4月3日、2018年第1四半期(1~3月)の米国新車販売の結果を公表した。総販売台数は3万3414台。前年同期比は5.2%増だった。

全販売台数3万3414台の内訳は、乗用車が1万1965台で、前年同期比は22%増と2桁の伸び率。一方、SUVなどのライトトラックは2万1449台にとどまり、前年同期比は2.3%減と後退する。

セダン系では、スポーツセダンの『TLX』が、8963台を販売。前年同期比は25.8%増と回復。『ILX』も2472台を売り上げ、前年同期比は9.6%増と増加に転じる。最上級車の『RLX』(日本名:ホンダ『レジェンド』)は463台。前年同期比は58%増と、大幅に増加した。

SUVでは、ミドルクラスの『MDX』が、前年同期比5.8%減の1万0324台。コンパクトクラスの『RDX』は1万1125台。前年同期比は1.1%増と、微増ながら前年実績を上回る。

スポーツカーでは、新型『NSX』が67台。前年同期比は49.6%減と後退した。

アキュラの2017年の米国新車販売台数は15万4602台。前年比は4.2%減と落ち込んでいる。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス