スマホアプリで好きなBMWに乗り放題、米国で新サービス

BMW M2クーペ
BMWグループは4月4日、毎月定額で好きなBMW車に自由に乗り換えられるサブスクリプションサービスを、米国で開始すると発表した。

サブスクリプションとは、利用期間に応じて料金を支払う方式。サブスクリプションでは通常、メンテナンスなどの諸費用が、すべて込みの料金体系になる場合が多く、BMWは購入やリースに続く第3の所有形態を提案する。

ユーザーは、スマートフォンにダウンロードした専用アプリを利用して、乗りたいBMW車をリクエスト。BMWコンシェルジュは、ユーザーのニーズに最もふさわしい車両を、希望する時刻と場所に直接届けてくれる。車両は燃料満タンで、ユーザーの嗜好に応じた車両の各種設定を実行済み。車両の乗り換え台数には、制限を設けていない。

利用できる車両は、『4シリーズ』、『5シリーズ』、『X5』など。高性能なMカーでは、『M2クーペ』、『M4カブリオレ』、新型『M5』、『M6カブリオレ』、『X5M』、『X6M』が用意される。

車のメンテナンス、保険、BMWロードサイドアシスタンスを含め、月額2000ドル(約21万円)または3700ドル(約39万円)の2種類。プログラムが拡大するにつれて、より幅広いBMW車を追加でラインナップする予定、としている。


(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス