BMWジャパン、PHEVスポーツ i8 改良新型を発売…オープンモデルも追加設定

BMW i8クーペ/ロードスター
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、PHEVスポーツカー新型『i8』および新モデル『i8ロードスター』を4月9日より発売する。両モデルともに納車は2018年9月以降を予定。

新型i8は、最大出力231psを発生する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボで後輪を、従来モデル比12psアップとなる最大出力143psを発生する電気モーターで前輪を駆動し、合計最大出力374psを引き出す。0~100km/h加速は4.6秒、最高速度は250km/h(リミッター)を達成。またリチウムイオンバッテリー容量を従来モデルに比べ13Ah拡大させ33Ahとしたことで、EVモードでは最長53km走行できる。

今回ラインアップに追加したi8ロードスターは、電動開閉式ソフトトップを採用した2シーターオープンモデル。クーペ同様、フレームレスのシザードアを採用し、エレガントなデザインを醸し出している。新開発の電動開閉式ソフトトップは、時速50km/h以下において約15秒で開閉操作でき、急な天候の変化にも対応できる。また、屋根の収納スペースを工夫することで、約100リットルの収納スペースを確保。カバンなど、比較的大きな荷物も格納できる。

価格はクーペが2093万円、ロードスターが2231万円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス