パイオニア、クラウド型運行管理サービスがスマホ/タブレットに対応

ビークルアシスト活用イメージ
パイオニアは、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」の対応端末にスマートフォン/タブレットを追加、専用無料アプリ「コース業務管理」の提供を5月下旬より開始する。

パイオニアは、業務用車両向けクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を、2015年6月より提供開始。同サービスでは、カーナビをはじめとする業務用車載端末を通信回線でサーバーと接続し、車両の動態管理や危険運転の通知・分析など高度な運行管理・支援を行うことができる。

今回、スマートフォン/タブレットでビークルアシストが利用できるアプリ「コース業務管理」の提供を開始。顧客の保有端末を活用できるため、コストを抑えながら運行管理サービスを導入できる。また、携帯端末の特長を活かし、自社車両ではない庸車やレンタカーなどを使った業務管理が可能になるほか、自転車など車載端末を設置できない移動手段にも対応する。

ビークルアシストでは、管理者が訪問先を選択するだけで効率的なコースを作成。専用アプリをインストールした業務担当者のスマートフォン/タブレットに作成したコースを送信すると、最適な順番にリスト化された訪問先が表示される。さらに法人向けナビアプリ「MapFan」(有料)をインストールすれば、車両ルートや徒歩・自転車ルートの探索、大型車規制を考慮したルート探索も可能となる。

また、走行ログデータをもとに、日報を自動で作成。日報には、スマートフォンから送信した業務に関わるコメントや写真も反映可能。このほかにもビークルアシストのさまざまな機能を利用した巡回業務効率化や行動管理ができる。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス