パナソニック、AZAPAと資本業務提携、モデルベース開発をコックピットやADASでも

2015年のパナソニックとAZAPAの協業イメージ
パナソニックは、AZAPAと小型EV向け電動パワートレインの開発で培ってきたモデルベース開発での協業関係を拡大するために資本・業務提携することで合意した。

モデルベース開発は、設計・性能評価をシミュレーションで行う開発技術で、開発の効率化や複雑化に対応できる。パナソニックとAZAPAは、2015年から小型EV向け電動パワートレイン開発で協業しており、モデルベース開発の導入で高い性能を確保しながら開発期間短縮を実現した。

今回、資本・業務提携によって中長期的なビジョンを共有し、電動パワートレイン分野の開発で協業を深化するのにに加え、協業範囲をコックピットやADAS(先進運転支援システム)の分野にまで拡大する。ドライバーや同乗者の状態を検知し、快適なドライブを提供する車室内空間や、高度な運転者支援を実現する先進機能の開発を加速する。

パナソニックの車載分野でのコンポーネント開発技術やモノづくり力と、AZAPAの持つモデルベース開発や、車両全体をシミュレーションするノウハウ、人間の感性を数値化する技術を融合する。自動車メーカーなどに対して電動化やコックピット、ADASなどの領域で、新たなシステム価値の創出を目指す。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス