シボレー カマロ の2019年型、コネクトと先進運転支援が最新に

シボレー・カマロの2019年モデル
GMのシボレーブランドは4月9日、2019年モデルの『カマロ』に、最新のコネクティビティと先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

2019年モデルのカマロには、シボレーの次世代型「インフォテインメント3」を搭載。この新開発のコネクティビティは、従来よりも直感的な操作性やパーソナライズ性が追求されているのが特徴。

7インチのタッチスクリーンが標準で、8インチはオプション。最新のスマートフォンやタブレット同様の機能が導入される。ナビゲーション、音声認識、各種アプリを利用するためのクラウド接続にも対応。ソフトウェアのアップデートは無線通信で行われる。

また、2019年モデルでは、先進運転支援システム(ADAS)が充実。上級グレードに標準のリアカメラミラーは、リアピラーやヘッドレストなどを排除するカメラディスプレイにより、ドライバーの後方確認を支援。リアビジョンカメラシステムは改良により、画質が向上する。前面衝突警告システムを新採用。パフォーマンスデータレコーダーシステムも性能を引き上げている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス