三菱自、e-エボリューション コンセプト とエクリプス クロス を中国初公開へ 北京モーターショー2018

ミツビシ e-エボリューション コンセプト
三菱自動車は、4月25日(一般公開は29日から)から5月4日まで開催される北京モーターショー2018にて、コンセプトカー『ミツビシ e-エボリューション コンセプト』および新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を中国初公開する。

e-エボリューション コンセプトは、三菱自動車の強みであるSUV、EV、そしてシステムの融合による新たな運転体験という3つの価値を訴求するコンセプトカーだ。フロントに1機のモーターとリヤに新開発の「デュアルモーターAYC」を搭載したトリプルモーター方式の4WDシステムを採用。また車載AIがドライバーの運転をアシストする機能も搭載し、安全で快適なドライビングを実現する。

エクリプスクロスは、『RVR』『アウトランダー』『アウトランダーPHEV』に続く、三菱SUVラインアップの新型モデルとして、約80か国での販売を計画している世界戦略車。スタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合させたクーペSUVとし、個性的なデザイン、最新コネクティビティ、安心感の高い四輪制御技術などを特長としている。

三菱自動車は、同モーターショーに広州汽車グループ、三菱商事、三菱自動車による車両生産・販売合弁会社である広汽三菱と共同出展する。三菱自動車ブランドとしては中国現地生産車である『アウトランダー』『ASX(日本名:RVR)』を出品。また、広汽三菱ブランドとしては、3月より販売を開始したPHEVの新型SUV『祺智(チーツー)-PHEV』を出品する。


(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス