【F1 中国GP】セバスチャン・ベッテルが今季2度目のポールポジション

2018F1中国GP (c) Getty Images
F1第3戦中国GPの予選が14日、上海インターナショナルサーキットで行われた。予選Q3はフェラーリのキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルによる争いとなり、最後のラップでベッテルが逆転。今季2度目のポールポジションを獲得した。

金曜日のフリー走行で好調だったルイス・ハミルトン(メルセデス)は予選Q2でトップタイムをマーク。しかしQ3では影を潜め、最後のアタックは途中であきらめピットインしてしまった。逆にQ3で好調だったのはフェラーリの2人。ライコネンがまず最速ラップを記録すると、ベッテルが最後にそれを塗り替える1分31秒095を記録。ベッテルが今季2度目のポールポジションを獲得した。

ライコネンは僅差の2番手。3番手にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)が入り、ハミルトンは4番手。レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドが5番手、6番手となった。

前戦で4位の活躍をみせたトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはQ1敗退の17番手。ブレンドン・ハートレーはQ2に進み15番手で予選を終えた。

F1中国GP 予選Q3結果
1. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分31秒095
2. キミ・ライコネン(フェラーリ)/1分31秒182
3. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分31秒625
4. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分31秒675
5. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分31秒796
6. ダニエル・リカルド(レッドブル)/1分31秒948
7. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分32秒532
8. セルジオ・ペレス(フォース・インディア)/1分32秒758
9. カルロス・サインツ(ルノー)/1分32秒819
10. ロマン・グロージャン(ハース)/1分32秒855

(レスポンス 藤木充啓)

[提供元:レスポンス]レスポンス