BMW M3 次期型、ニュルで500馬力を解き放つ…初の4WD化も

BMW M3セダン 次期型 スクープ写真。登場は2020年か
BMW『M3』の次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで初めて高速テストを行った。次期型の目玉は、新開発の「S58型」エンジンだ。搭載される3リットル直列6気筒は、最高出力500psを超えると予想され、最大トルクは600Nmにものぼる。

さらにこのエンジンには、ウォーターインジェクションシステムを搭載、48Vマイルドハイブリッドを組み合わせた最強エンジンとなる。また『M5』同様に4WDシステム「xDrive」を採用していると見られ、ニュルの直線では、そのパフォーマンスをいかんなく発揮していたと言う。

エクステリアはまだカモフラージュが厳重で、ディティールは見えてこない。

次期型は「CLAR」アーキテクチャを採用し、軽量化と剛性アップが図られる。BMWこだわりの前後重量配分50 : 50を維持しながらより低い重心となることだろう。またトレッドの拡大、ホイールベースの延長がされるとレポートされている。

早ければ、2018年秋にベースモデルの新型『3シリーズ』の登場が予想されており、その後2019年にステーションワゴンの「ツーリング」、2020年にM3の投入が期待されている。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス