「みらいの工場」本格始動、リーフのリユース蓄電池などを活用

みらいの工場プロジェクト
日本ベネックスと住友商事、富士電機は4月17日、電気自動車(EV)のリユース蓄電池を用いた新型蓄電池システムを共同開発し、日本ベネックス本社工場に設置。「みらいの工場」プロジェクトを本格始動した。

みらいの工場プロジェクトは、再生可能エネルギーとEVのリユース蓄電池システム(400kW)およびEV 10台を組み合わせて利用し、エネルギーの効率利用と環境との共生を実現する、スマート工場モデルの確立を目指すものだ。新型蓄電池システムは、20フィート(約6メートル)のコンテナに日産『リーフ』24台分のリユース蓄電池を格納。日本ベネックスの高密度積載設計技術によって、従来の2倍の積載効率を実現している。

同プロジェクトは富士電機の蓄電制御技術をベースとし、工場やビルの電力需要ピーク時の補助電源として電気代の削減に貢献。さらに太陽光発電の電力を自家消費できるほか、災害時のバックアップ電源としても活用できる。また、国が推進する通信規格(Open ADR)に対応し、外部のサーバーから充放電などの運転も制御可能。今後普及が見込まれるVPP(バーチャル・パワー・プラント)などの新しいエネルギーマネジメント事業を通じて、電力ネットワークや地域におけるエネルギー需給の最適化にも貢献する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス