SBドライブ、福島原発での自動運転EVバスの運行をサポート

導入する自動運転EVバス
ソフトバンクグループのSBドライブは、東京電力ホールディングスの福島第一原子力発電所に導入される自動運転EVバスの運行支援を開始した。

福島第一原子力発電所構内で使用されるバスは、ハンドルや運転席がないナビヤ製の自動運転EVバスで、4月18日から運行開始した。

SBドライブでは、ナビヤの自動運転EVバスを使用した実証実験で得た知見を生かして、自動運転を行うためのソフトウエアの設定やオペレーターの育成などを支援していく。

今夏には、複数台のバスを車両ごとに運行管理できるSBドライブの運行管理システム「ディスパッチャー」が導入される予定。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス