ホンダ CBR400R がカラーリングを変更してABSを標準装備

ホンダCBR400R(グランプリレッド)
ホンダは、二輪車スポーツモデル『CBR400R』のカラーリングを変更するとともに、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備し、新販売網のホンダ Dreamより4月20日に発売する。

車体色は「グランプリレッド」、「パールグレアホワイト」、「グラファイトブラック」の3色を継続採用し、これにCBR400R独自イメージのストライプを施すことで、スポーティーさを強調した。また従来はタイプ別設定としていたABSを標準装備とした。

スポーツモデルのCBR400Rは、“AGGRESSIVE SPEED SHAPE”をスタイリングコンセプトに、CBRシリーズのフラッグシップ『CBR1000RR』の血統を受け継ぐスピード感のあるフルカウルデザインを採用している。エンジンは低・中回転域から高回転域までスムーズな出力特性で扱いやすく、燃費性能に優れた水冷・DOHC・直列2気筒エンジンを搭載。

ホンダによると、スポーティで防風効果の高いフルカウルを装着し、軽量コンパクトな車体パッケージにより、ツーリングからスポーツ走行まで、幅広い走行環境での扱いやすさが好評だという。

CBR400Rの国内販売計画台数は年間800台。メーカー希望小売価格(消費税率8%込み)は78万3000円。

(レスポンス 高木啓)

[提供元:レスポンス]レスポンス