イタリアンフェスティバル「アモーレミオ」…道端アンジェリカも登場、ランボルギーニ・ジャパンがプラチナスポンサー 4月21-22日

ランボルギーニ ウラカンペルフォルマンテ(左)とアヴェンタドールSロードスター(右)
在日イタリア商工会議所が主催する日本最大級のイタリアンフェスティバル『イタリア・アモーレ・ミオ2018』が、4月21日から22日にかけて天王洲アイル/キャナルサイド(東京都品川区)にて開催される。

イタリア・アモーレ・ミオは、2016年に日本イタリア国交樹立150周年を記念して六本木ヒルズ(東京都港区)にて初開催されたもので、今回で3回目を迎える。主催者によると、イタリアのエンターテイメントと美食が楽しめるイベントとして、今年は天王洲アイル以外で、7月21日から22日に名古屋テレビ塔と久屋大通公園、11月3日から4日にかけてグランフロント大阪でも開催する予定だという。

天王洲アイルでのイベント会場は大きく、“Le Stanze(レ・スタンツェ)”、“Piazza Italia(ピアッツァ・イタリア)”、“Via Canale(ヴィア・カナーレ)”、“Nave Amore(ナーヴェ・アモーレ)”の4つに分けられ、その中の“Le Stanze(レ・スタンツェ)”では、ランボルギーニをはじめマセラティやフェラーリの最新モデルが展示される。特にプラチナスポンサーのランボルギーニ・ジャパンは『ウラカンペルフォルマンテ』と『アヴェンタドールSロードスター』の2台を展示し、イタリア・アモーレ・ミオを盛り上げる。

これまでもランボルギーニ・ジャパンはこのイベントをスポンサーしてきたが、今回はプラチナスポンサーとなった。その理由について同社広報部門は、「今年からランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラコルサチームのビジネスパートナーになった、スイスの高級時計メーカーの『ロジェ・デュブイ』が、共にランボルギーニブランドを盛り上げようと今回のスポンサーに賛同してくれたのが大きな理由だ」と述べる。

また、「日本市場は、ランボルギーニのグローバルでの売り上げが2位となっているにも関わらず、パブリックイベントに出る機会が少ない。イタリア繋がりであるアモーレ・ミオに出展することで、多くの人にランボルギーニブランドとロジェ・デュブイを知ってもらいたい」と語った。

同イベントでは3メーカーの展示のほか、モデルの道端アンジェリカのトークショーや、イタリアポップ界の歌姫と呼ばれるEMMAが来日しライブが行われる。また、特設の水上野外映画館で『ニューシネマパラダイス』が上映されるほか、イタリア・トスカーナのミシュラン星付きシェフのロベルト・ロッシによる限定レストランや、世界No1バーテンダーのブルーノ・ヴァンザンのオリジナルカクテルなどが楽しめる。さらに、30以上のストリートフードが出店されるので、まさに天王洲アイル/キャナルサイド一帯がイタリアに染まる2日間になりそうだ。

(レスポンス 内田俊一)

[提供元:レスポンス]レスポンス